人気の窓ガラスコーティングは飛散防止フィルム|防犯安全リフォーム

普段の日常で高い安全性

内観

飛散防止フィルムには災害時における安全性のほか、日常の防犯性についても効果の発揮が発揮されます。建物に侵入する手段についてはさまざまな方法があります。ピッキングやこじ開けなどの玄関からの侵入のほか、窓からの侵入も予測されます。窓からの侵入方法としてはガラス破りとなります。
このガラス破りの方法に関してもいくつかの方法があります。基本的にガラス破りの方法としては、こじ破り・打ち破り・焼き破りの三種類の方法となります。
これらの方法について、飛散防止フィルムを貼っていることによって通常よりも破られにくくなります。飛散防止フィルムを使用してこのようなガラス破りの方法を実験してみた例があります。実験の結果、こじ破りや焼き破りなどの方法に関しては5分以上の所要時間を要したとのことです。また、打ち破りについても8回以上の打撃に耐えるという耐性の強さが発揮されました。高性能な飛散防止フィルムが必要な場合、ガラス交換業者などに依頼することによって簡単に作業を行ってもらうことが可能です。安全性を高めると同時に、防犯性の向上も求めましょう。

また、防犯性の高い建物部品には、警察庁などから認定されたCPマークというものが与えられています。高性能な飛散防止フィルムにもこのCPマークが表記されています。CPマークが表記されているものには多くの種類があります。建物の侵入を簡単には許さない建物部品すべてに与えられるマークとなるので、鍵などにも表記されていることが多くあります。CPマークの表記によって、侵入者にも防犯性の高さをアピールすることが可能となります。