人気の窓ガラスコーティングは飛散防止フィルム|防犯安全リフォーム

災害時の危険性を軽減

ハウス

窓ガラス交換の際は飛散防止フィルムをしっかり貼るようにしましょう。飛散防止フィルムを使用していない場合と使用している場合では、実際にはどのような差があるのでしょうか。窓ガラスが割れる原因としては、物質が衝突した衝撃やフレームの変形などがあります。ではこれらの場合を想定して飛散防止フィルムを貼るのと貼らないことを比較してみましょう。
まず物質が衝突した際の比較を行います。災害時に窓ガラスに衝突する可能性があるものは数多く存在します。ではたとえば45キロほどの物質が窓ガラスに衝突した場合のことを想定してみましょう。このような場合飛散防止フィルムを貼っていなければ、衝突した部分を中心として窓ガラスは割れます。衝撃部を中心的に、窓ガラスは大きく飛散して外に二次被害を与えます。また、窓ガラスに衝突した内部の物質が外へと飛び出してしまう場合もあります。しかし飛散防止フィルムをしっかり貼っていた場合、このような二次被害が起こる可能性は極めて低くなります。飛散防止フィルムを貼っている窓ガラスに同じように45キロほどの物質が衝突したとします。衝突した部分から細かなクラックは生じますが、飛散することはほとんどありません。
また、フレームが変形してしまうことを想定して比較してみます。窓ガラスの多くのフレームははめごろし窓というものとなっています。地震などの災害時において、このはめごろし窓が変形してしまった場合を想定しましょう。このような場合、飛散防止フィルムを貼っていなければ手のひら以上にもなる大きな破片が飛散してしまう場合が多くあります。しかし飛散防止フィルムをしっかり貼っていれば、フレームが変形しても飛散の心配はほとんどありません。衝突の衝撃と同じように細かなクラックの発生や、細かなガラス粉の発生程度で済みます。実際に比較してみることで、いかに飛散防止フィルムの存在が安全性に有効かというこちが分かります。