人気の窓ガラスコーティングは飛散防止フィルム|防犯安全リフォーム

防犯と安全性に優れている

作業員

飛散防止フィルムは自分で貼ることが可能です。しかしよりキレイな完成状態を目指すのであれば、ガラス交換などの専門業者へ依頼を行った方が良いでしょう。では飛散防止フィルムの貼り方についてはどのような方法があるのでしょうか。
まず、最初に施工液を作る必要があります。施工液は食器用の洗剤を使用して作成されます。1リットルほどの水に対して洗剤を多くて10滴ほどたらします。
洗剤の濃度が高ければフィルムを滑らせてしまい圧着が難しく、低ければ逆に部分的にくっつきやすくなってしまいます。フィルムを全に貼る前に、小さく切ったフィルムで施工液の濃度は大丈夫かということを確認することが大切です。
施工液が完成したら、窓の大きさに合わせてフィルムをカットする必要があります。フィルムの大きさの理想としては、窓ガラスの大きさより数ミリ小さくとなります。
フィルムを貼る前にはしっかり窓ガラスの面を掃除してキレイにします。完全にキレイな状態にしてから、施工液をたっぷりとガラス面にかけてからフィルムを貼ります。フィルムを貼ったのち、再度フィルム面に施工液をたっぷりかけてから水抜きを行います。フィルムを窓ガラスよりも大きめのサイズで切っていた場合が、最後に窓ガラスに合わせて余分な部分をカットする必要があります。貼り終えたら出来る限りガラス面が完全に乾くまでは触れないようにします。完全に乾くまでには数週間から一ヶ月ほどの時間がかかる場合があります。
簡単に説明を行うとこのような流となっています。誰でも簡単に行えそうではありますが、実際には技術が必要になります。また、手間もかかるので素人が自分で行うことは難しいでしょう。